2008年01月18日

1月17日

02.jpg
今日のこの日、1月17日は「建築」と「いのち」を考える日・・・いきなりの暗い話題でスタートしますが、関西への出張中、新幹線の車窓から朝焼けを眺めながら13年前の阪神大震災の事を考えていました。どんなに良いデザインでも、どんなに機能的にすぐれていても、人の命を預かるものである事、そんな当たり前の事を常に重要なテーマとしている事。建築家という職業に課された当たり前を考えながら朝焼けを眺めておりました。


posted by architect murakami at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。