2008年07月16日

青空の佐賀米

本日は出発から入道雲を発見するほどの猛暑・・・・
佐賀の住宅
今日は唐津行脚・・「サンカクシキチの家」と「カイミンハウス」の現場へ参りました。

7月中旬でこの暑さ。。この夏の暑さはすでに想像したくない状況(笑)。

本日から基礎配筋が始まった現場は、酷暑の中職人さんが丁寧に鉄筋を配列、その傍らで電気、NTT、ケーブルTVの方々がなにやら打合せをしておりました。どうやら電線の移動と電柱の移動位置について手間取っている様子。これだけ暑いと打合せに参加するだけで、「モワッ」とする暑さ(人間の体温の温もり(笑))が伝わってきます。

0716-3.JPG
配筋中、猛暑です。。。

帰りに造成中のカイミンハウスを確認、敷地前に広がる佐賀米の子供達は青々とそして元気に育っておりました。この家が出来る頃には、さぞかしおいしい新米になるのだと・・・絶景には似合わぬ想像をしながら。。。

0716-4.JPG
カイミンハウスは造成中

0716-1.JPG
T建築さんの住宅(木の仕上げと高い天井)(久々のヒットでした)

0716-5.JPG
窓から見えるのはもちろん佐賀米です。

トップはカイミンハウス前の佐賀米、鏡山&遠くに富士山のような形の良い山が見えます。


【関連する記事】
posted by architect murakami at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | サンカクシキチの家 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。