2008年06月18日

素材と素材

若久の家の進捗状況・・・だんだんと完成が近づき・・・・
0618-4.JPG
仕上げの素材が見えてきました。若久の家は床を杉の無垢材、壁をしっくいで仕上げております。今回の住宅では今までのシンプルなデザインから、少し木の質感を活かした「やわらかさ」を表現する事にコンセプトをおきたいと考えました。木質の良さを最大限引き出し、新しいサンスケデザインの方向性を探った「第一号」かも知れません。
大分(杉の産地)の現場監督、棟梁及び、大工さんに携わって頂きましたので、「杉・ヒノキ」のいいとこ取り・・・つまり、設計側の想定外の良い質感を、木を良く知る人たちに協力してもらいながら、作り上げる事ができました。

0618-1.JPG
リビングの大開口木サッシュ・・・杉材をふんだんに使い、大工と建具職人に感謝。

0618-2.JPG
和室コーナー・・・ちゃんと床板もあります(変則和室)

0618-3.JPG
2Fのデッキと大きな庇・・・・
子供の声が早くも聞こえてきそうな仕上がり。

0618-5.JPG
キッチン・・・まだキッチンは未完成、床は天然コルク材を使用、クッション性が高いので、足から来る疲れを軽減。主婦の味方・

あと半月、大工の手を離れ、仕上がりが一日一日と見えてきます。
外構も始まり、いよいよ・・・完成が楽しみ。
最近は通行人の方々が興味深深で見ておられます。街かどの目立つ場所に敷地がありますので、この1年間見守って頂いた町の人も、やっとこさ完成するその姿に、ちょっとした身内感(やっと出来たねぇ〜っと知らない人に言われました)。がある様です。 施主様、若久の皆様、もう直ぐ完成です。しばしお待ちを。。。。



posted by architect murakami at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 若久の家 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。